ハーブの活用法やハーブの効果効能を紹介


エキナセアの効能・活用方法



echinacea多年草のエキナセアは、アメリカの先住民が傷の治療や化膿止めとして使用していたほど薬効の高いハーブです。
1.2mほどまで伸び、美しいピンク色の花を咲かせます。
風邪や花粉症などの対策としても広く知られているハーブで、風邪をひきやすい時期、花粉の時期ははこのエキナセアで対策をするという方も多いハーブです。

欧米ではハーブティーとして飲まれ、医学界からも免疫力を高める効果などが注目されているハーブです。

お茶としてはもちろん、ドライハーブを使ってチンキ(浸剤)を作っておくのもお勧め。体の調子がおかしいな、と思った時にチンキを少量飲むことで風邪のひき始めなどにもお勧めです。

 

効果・効能

傷、ニキビ、風邪、インフルエンザ、花粉症など。
体調が悪いなと言う時にお勧めです。ちなみに、風邪薬との併用もOKです。
風邪薬は症状に対して作用するのに対してエキナセアは免疫の働きを高めて、抵抗力を高めてくれます。
エキナセアによって風邪の期間を短くすることなどが期待できます。

 

用途

ハーブティー、化粧水、チンキなどたくさんの用途に利用できます。
※チンキ(浸剤)の作り方については「ドライハーブを使ったチンキの作り方と使い方」も参照 。

 

香りと味

味にクセがなく、ほのかな草の香りが特徴です。他のハーブとのブレンドもお勧めです。

 

注意点・禁忌

自己免疫疾患の方は使用禁忌です。
また、キク科の植物ですのでキク科アレルギーの方はご注意ください。また、長期連用は効果が薄れるという研究があります。

 

エキナセアの購入・通販

Design with Tea Salonでは、エキナセアのシングルハーブを量り売り販売しております。
詳しくは「エキナセア購入ページ」をご覧下さい。

春季療法ブレンド
デトックスやアレルギー症状の緩和などを目的としてドイツなどで行われている「春季療法」をベースにブレンドされたハーブティーです。エキナセアはもちろん、ネトル、エルダーフラワー、ダンデライオンなどがブレンドされています。

 

エキナセアに関連するHerb Magazineの記事一覧




スポンサーリンク

PAGE TOP