ハーブの活用法やハーブの効果効能を紹介


クローブの効能・活用方法



クローブはフトモモ科フトモモ属の常緑高木で、日本では「丁字(ちょうじ)」と呼ばれています。

香りが強いハーブで、ヨーロッパではオレンジにクローブを指し、シナモンをまぶして作った「フルーツポマンダー」という香りの魔除けとして親しまれているハーブ。
媚薬としても用いられてきました。

強力な殺菌作用を持ち、歯痛や口臭、口内炎の時に噛んで用いられてきたため「歯医者さんのハーブ」として知られています。
また、吐き気を抑えてくれる効果や、胃腸の調子を整える効果もあります。

 

 

効果・効能

殺菌・抗菌作用、歯痛の緩和、口臭予防、消化促進、鎮痛作用、防腐作用、催淫作用

 

 

用途

ハーブティーや料理のスパイスとして。

 

 

香りと味

薬のような強い香りと味わいが特徴。単品では飲みにくいため、他のハーブとのブレンドがおススメです。

 

 

注意点・禁忌

妊娠中は避けた方が良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 




スポンサーリンク

PAGE TOP