ハーブの活用法やハーブの効果効能を紹介


シナモンの効能・活用方法



シナモンとは三大スパイスの一つとして知られるハーブで、クスノキ科の常緑樹の幹や枝の皮を取り、乾燥させたものです。
甘くスパイシーな香りが特徴で古代エジプトでも使われてきた歴史あるハーブ。

抗菌・殺菌作用に優れているほか、血行促進、発汗、など体を温めてくれる効果があります。
体の冷えやむくみが気になる時にはシナモンがおすすめです。
また血糖値や中性脂肪、コレステロール値を低下させるダイエット効果も高いハーブです。

毛細血管を保護する働きもあることから、肌の老化防止にも効果的。
胃腸の調子を整える作用、駆風作用により、お腹のガスを減らす働きもあります。

 

 

効果・効能

抗菌・殺菌作用、血行促進、発汗、冷え・むくみの改善、ダイエット効果、血糖値・中性脂肪・コレステロール値の低下、肌の老化防止、駆風作用

 

 

用途

ハーブティーや料理、お菓子作りに。
スティックのままお茶をかき混ぜたり、砕いてブレンドするのがおすすめ。

 

 

香りと味

甘くスパイシーな香り。

 

 

注意点・禁忌

妊娠中・授乳中における医療目的での大量使用に関する安全性について、十分なデータがないため使用を避ける。

 

 

シナモンの購入・通販

Design with Tea Salonではシナモンの販売を行っております。
詳しくは「シナモン購入ページ」をご参照ください。

 

 

 




スポンサーリンク

PAGE TOP