ハーブの活用法やハーブの効果効能を紹介


チャービル(セルフィーユ)の効能・活用法・育て方



チャービル(セルフィーユ)はフランス料理に欠かせないハーブの一つです。美食家のパセリとも呼ばれ繊細な葉と香りが特徴です。使い方としてはイタリアンパセリなどとほぼ同じでパスタやオムレツ、スープなどに用いることが多いです。ハーブティーとしても飲んだり、化粧水代わりにすることもできます。

効果・効能

中世ヨーロッパでは、肝臓と腎臓の浄化に役立つとして利用されてきました。また、消化不良の方にも良いとされます。
近年、ハーブ療法などの効能面で重視されることは少ないですが、料理に取り入れるなどして手軽に使えるので、おすすめです。

 

用途

料理に使うことが多いです。加熱すると香りが飛びやすいので料理の仕上げに使うようにしましょう。葉にはビタミンCやマグネシウムなどが豊富に含まれています。

 

香りと味

独特な爽やかな香りが特徴です。

 

育て方・収穫の仕方

キッチンハーブの一つとしてコンテナやプランターなどでも育てられます。
湿り気のある肥沃な土壌を好みます。

暑さや寒さに弱いので夏は室内で育てる方が元気に育ちます。冬も同様に室内で育てましょう。株が20cmくらいになったら収穫できます。外側の葉から収穫するようにしましょう。

 

チャービルに関連するHerb Magazineの記事一覧




    スポンサーリンク

    PAGE TOP