ハーブの活用法やハーブの効果効能を紹介


パッションフラワーの効能・活用方法



パッションフラワーとは、トケイソウ科のハーブです。
パッションフラワーはやがて黄色の甘い果実になり、食用とされるものがパッションフルーツとして流通します。

パッションフラワーのパッションは「情熱」の意でなく、「キリストの受難(愛)」を意味します。
花の中央部が、キリストが処刑される際に被っていた冠に似ていることに由来します。
日本では、開いた花の様子が時計に似ていることから「トケイソウ」と呼ばれています。

パッションフラワーは向精神性ハーブに分類されるものの作用が穏やかであるため、セントジョンズワートよりも使いやすいハーブとして親しまれています。
「植物性の精神安定剤」とも呼ばれ、精神的な緊張や、それに伴う頭痛にも効果的です。
また、副作用として眠くなる作用があるため、不眠でお悩みの方にもおすすめのハーブ。

草木の香りでクセが無く飲みやすいハーブですが、カモミールなど鎮静効果のあるハーブとブレンドする方法が効果的です。

 

 

効果・効能

精神不安、抗不安作用、神経症、催眠作用、高血圧など。
神経の緊張や不安、心の症状、それからくる頭痛にも効果的です。
また、過度の緊張からくる過敏性腸症候群や、不眠、他にも高血圧や生理痛にも良いとされています。

 

 

用途

ハーブティーやチンキなどに使用できます。

 

 

香りと味

クセの無いお茶のような味わい。やや渋みがある為、気になる方は「ルイボス」や「レモングラス」など他のハーブとのブレンドがおすすめです。

 

 

注意点・禁忌

妊娠中・授乳中の使用に関して問題は報告されていないものの、安全性が確立されていないため避けた方が良いでしょう。

 

 

パッションフラワーの購入・通販

Design with Tea Salonでは、パッションフラワーのシングルハーブを量り売り販売しております。
詳しくは「パッションフラワー購入ページ」をご覧下さい。

 

 




スポンサーリンク

PAGE TOP