ハーブの活用法やハーブの効果効能を紹介


ラズベリーリーフの効能・活用法



razuberry欧米では「安産のハーブティー」とも言われ、妊娠後期や出産直後に習慣としてこれが飲まれていました。
出産時は、陣痛の苦痛を和らげ、子宮収縮の効率を高め、出産を助けると言われています。
さらに産後に飲むと母乳分泌を促し、母体の回復を高める効果もあります。
粘膜の炎症をしずめる働きや、収れん作用もあるので、軽い歯肉炎、喉の痛みがあるときに飲むと気になる症状が緩和されます。

妊活や妊娠後期、授乳中とマタニティの女性の方に非常にお勧めのハーブであるラズベリーリーフですが、「妊娠初期」は禁忌となります。子宮収縮効果によって流産等のリスクを高めると言われています。

妊娠前の飲用はOKで、むしろホルモンバランスをととのえ妊娠活動中・妊活中の方にもおすすめのハーブですが、妊娠が発覚したら飲用を控えてくださいね。その後、妊娠8か月目以降に飲むようにしてください。

効果・効能

収れん、強壮、子宮筋調整の効果があると言われています。
そのため、出産をサポートし分娩時間を短くしてくれると言われています。
また、産後の産褥期も体の回復を高める働きも期待できます。
産後のママには子宮の戻りを良くするハーブとして重宝されています。
ノンカフェインなので授乳期にもお勧めのハーブティーです。

女性ホルモンのバランスを整える為、妊娠中以外にも生理痛が気になる方や更年期障害が気になる方などにもお勧めです。

 

用途

シングルまたはブレンドでティーとしてお楽しみいただけます。
安産のハーブと言われる通り、妊娠後期・授乳中によく飲まれるハーブです。

 

香りと味

やや甘い香りで、くっきりとした味で飲みやすいハーブティーです。

 

ラズベリーリーフの通販サイト

Design with Tea Salonでは、ラズベリーリーフ単体(シングル)のほか、妊産婦様や妊活中の方にお勧めのハーブティーブレンドとして複数のブレンドティーをご用意しております。

ラズベリーリーフ(妊娠初期は禁忌。8か月目以降)
妊活ブレンド(妊娠を望む女性のためのブレンド)
安産ブレンド(妊娠後期の方にお勧めのブレンド)
母乳の泉 赤ちゃんニッコリブレンド(授乳中の方にお勧めのブレンド)

 

ラズベリーリーフに関連するHerb Magazineの記事一覧




スポンサーリンク

PAGE TOP