ハーブの活用法やハーブの効果効能を紹介


リコリスの効能・活用方法



リコリスはマメ科の多年草の低木で、薬効があるのは根の部分になります。日本名では「甘草(カンゾウ)」とも書き、名前の通り強い甘みが特徴です。砂糖のおよそ50倍の甘味があり、お菓子などの香り付けにも利用されます。

機能性としては抗アレルギー、痰をとる作用、喘息・気管支炎などの炎症を抑える働き、胃酸分泌を抑え胃の粘膜を保護する働きなどもあります。

 

 

効果・効能

抗炎症作用、粘膜の保護、去痰作用、利尿作用、抗アレルギー作用

 

用途

ハーブティーとして、他のハーブの苦さを和らげるためにブレンドされることが多いです。

 

味と香り

ほのかな草木の香り。甘みが強いためブレンドティーとしての使用がおすすめ。

 

注意点

リコリスの過剰摂取はむくみや血圧の上昇、早産を引き起こすことがあります。
高血圧の方、腎不全、糖尿病、妊娠中の方は使用しないでください。

 

リコリスに関連するHerb Magazineの記事一覧




スポンサーリンク

PAGE TOP