ハーブの活用法やハーブの効果効能を紹介


夏はハーブティーをアイスで楽しもう。アイスハーブティーの美味しい作り方



だんだん暑くなってきましたね。そんな時は、ハーブティーもホットではなくアイスで楽しみましょう。アイスハーブティーは大きく「ホットで抽出したものを冷やす方法」と「水出しによって抽出する」という二つの方法があります。それぞれで味わいにも違いが出てきます。汗ばむ陽気が続きますが、アイスハーブティーで心も体もリフレッシュしましょう。

スポンサーリンク

ホットを冷やすと水出しの違い

アイスコーヒーでもホットで作ってそれを氷で冷やす方法と、ダッチコーヒー(水出しコーヒー)のように低温で抽出する方法があるように、ハーブティーにも二つのアイスハーブティーの入れ方があります。

 

ホットを抽出して氷で冷やす方法

ハーブの有効成分を抽出すると言うのであればこちらの方法が有効です。ホットで飲む時よりもやや多めのリーフ(葉)を入れた状態で濃い目に抽出し、それを氷を入れたグラスに注いでアイスハーブティーを作ります。

 

ハーブの「効能・効果」を重視すする方はコチラの方法がお勧めですね。また、ハーブの香りもホット→冷やす方法の方が良く感じられることかと思います。

 

水出しでアイスハーブティーを作る方法

フィルター付きのボトルなどにハーブティー(リーフ・葉)を入れてそこに常温の水(ミネラルウォーターや浄水)を入れて冷蔵庫で丸1日以上置いて抽出する方法です。

 

ハーブの有効成分についてはホットの方が多く出ますが、水出しの方が全体としてよりまろやかな口当たりに仕上がるのが特徴といえます。

 

アイスハーブティーにオススメのハーブ

アイスハーブティーを作る時にお勧めのハーブをいくつか紹介していきます。

 

マローブルーブラック
色がはっきりと出やすいです。マローブルー、ブラックともに味はほとんどありませんが、レモンを浮かべると色がピンク色に変化します。お水代わりにどうぞ。おもてなしにもいいですね。

 

ハイビスカス
酸味と赤い色が特徴のハーブです。クエン酸が豊富なので疲れた時にもお勧めです。すこし酸味があるのでハチミツを加えても美味しいです。

 

しっとり透き通るハーブティー
甘いトロピカルな香りとレモンの様なのすっきりとした味わい。夏場に嬉しい天然美白成分「アルブチン」を豊富に含むヒースやビタミンCが豊富なローズヒップが夏の肌にもやさしいハーブティーです。アイスにしてもスッキリ美味しく楽しめるハーブティーです。

 




スポンサーリンク

PAGE TOP