ハーブの活用法やハーブの効果効能を紹介


ハーブティーは全部ノンカフェイン?



ハーブティーをコーヒーや紅茶と同じように考えていらっしゃる方も多いようですが、ハーブティーは主にノンカフェインという点で異なります。
でも、全てがノンカフェインというわけではなく、また、ノンカフェインだから妊婦さんでも授乳中のママでも全部飲める、というわけでもありません。
今回はハーブティーの【ノンカフェイン】についてご紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

 

ハーブティーは主にノンカフェイン

ハーブティーとよく混合されるものに紅茶があります。
紅茶は、緑茶・ほうじ茶・ウーロン茶と同じ茶葉から作られるもので、工程の違いでそれぞれ味わいの異なるお茶になりますよね。

 

そして紅茶や緑茶、ウーロン茶などにはカフェインが含まれています。

カフェインには、胃の働きを助ける作用や、ダイエットをサポートする働きがあるとされていますが、一方で身体を冷やしてしまう作用や、興奮して眠りにくくなる作用などがあるとされています。

 

摂取しすぎると具合が悪くなることもあり、欧州ではカフェインの「安全性に問題のない摂取量」なども設けられています。

特に妊婦さんや授乳中の方に関しては、子供に悪影響を与えるとされているため、カフェインが入っている飲み物を避ける方は多いですよね。

 

そんなカフェインですが、ほとんどのハーブには含まれていません。
唯一「マテ」というハーブにカフェインと似たような作用を持つ、マテインという成分が含まれています。

 

南米では写真のように専用の茶器を使って飲むお茶で、世界三大ティーの一つとしても知られています。
サッカーのメッシ選手が愛飲していることでも有名ですね。

 

マテインはカフェインより穏やかな作用とされており、気にする方は少ないようです。

 

 

 

妊婦さんはどのハーブティーを飲んでもいいの?

ハーブティーはノンカフェインだから、妊婦さんや授乳中のママはどんあハーブティーを飲んでもいいのか?というと、そうでもありません。

 

ハーブティーはお茶であり、薬草でもあるため、古くから病気の治癒や改善に用いられてた歴史を持ちます。
そのため、子宮に働きかけるものや、女性ホルモンに作用するものもあるのです。

 

妊娠中に避けた方が良いハーブについては、以前の記事でまとめていますのでチェックしてみてください。

 

妊娠中は要注意!妊婦が禁忌のハーブティー

 

 

授乳中に避けた方が良い一般的なハーブは、以下の通り。

・セージ
・セントジョンズワート
・ミント

 

 

妊娠中や授乳中でも、美味しいお茶を楽しみたい!という方は、専門店などのマタニティブレンドをチェックしてみるのがおすすめ。
安心して飲めるお茶が提供されています。

 

【おすすめマタニティハーブティー】

・妊娠中におすすめ:ママのお腹で赤ちゃんすくすくブレンド

妊娠中に不足しがちなビタミンやミネラルなどが補給できる、リンゴと紅茶を合わせたようなフルーティーな味わいのハーブティー。
リラックス効果のあるハーブもブレンドし、妊娠中のストレスを解消したい方にもおすすめ。
もちろんノンカフェインで、妊娠中どの時期でも飲むことができます。

 

・授乳中におすすめ:母乳の泉 赤ちゃんニッコリブレンド

授乳中のママのために作られたノンカフェインのブレンドで、レモンティーのように爽やかで飲みやすい味わい。
こまめに飲むことで、母乳の質を高め、良い状態をキープしてくれます。

 

 

ハーブティーのカフェインについて、そして妊娠中や授乳中のハーブについてご紹介しましたがいかがでしたか?
ぜひお好みのハーブティーを見つけてくださいね。

 

 




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP