ハーブの活用法やハーブの効果効能を紹介


グリーンルイボスとルイボスの違いとは?



南アフリカが原産のルイボス。

妊娠中の方や小さなお子様、年配の方でも飲めるお茶として知られており、日ごろから飲んでいる方も多いのではないでしょうか?

そんなルイボスですが、実は「グリーンルイボス」という緑が美しい種類もあるんです。

今回はグリーンルイボスとルイボスの違いをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ルイボスとは?

ルイボスは、南アフリカ原産で、古くから原住民の間で、健康茶として大切にされてきお茶。マメ科の針葉樹の葉です。

 

ルイボスは豊富なミネラル分を含んでいるだけでなく、体細胞を老化から守る活性酸素除去作用をもつ、SOD酵素と呼ばれる酵素を豊富に含んでいます。

SOD酵素は生物の寿命にも関連する酵素であり、老化を抑える働きがあると言われています。

そのため「若返りのお茶」として有名になったというわけなんですね。

 

お肌の老化、体の老化を防いでくれるため、美容や健康にこだわる方に人気のルイボス。

他にも抗アレルギー効果がある為、花粉症やアレルギー性の鼻炎、皮膚炎、アトピーにも効果的。

生活習慣病の予防にもおすすめです。

 

カフェインを含まず、作用も強くないことから、妊娠中にも飲めるお茶、としても知られています。

 

 

 

グリーンルイボスとは?

 

 

そんな嬉しい効能のルイボスティーには、グリーンルイボスという種類があるのをご存知でしょうか?

 

この2つの違いは、お茶を作る工程にあります。

一般的に知られている茶色いルイボスティーは発酵を加えており、だんだんと緑色から茶色へと変化します。

対してグリーンルイボスは発酵させずに乾燥させるため、葉が茶色にならず緑色を保つことができるのです。

 

 

効能はどちらも大きく変わりませんが、発酵を加えていないグリーンルイボスの方がミネラルが多いとされています。

また、フラボノイドやアスパラチンという成分も、グリーンルイボスの方が多くなっています。

 

 

味わいはというと、ルイボスの方が香ばしくお茶のような味わい。

グリーンルイボスは、やや緑っぽい味がしますが、飲みやすいハーブであることに変わりはありません。

 

どちらも美味しくて、美容と健康に嬉しいですが、グリーンルイボスの方がやや栄養価が高い、ということになります。

 

 

ぜひお好みの味わいを見つけてみてくださいね♪

 

>>ルイボスの効能、活用方法をチェックする

 

 




スポンサーリンク

PAGE TOP