ハーブの活用法やハーブの効果効能を紹介


体の中から美白対策!美白効果があるハーブのまとめ



bihakuハーブにはそれぞれ様々な効果・効能が期待できます。
そんな中で今回は、紫外線のダメージを受けやすい夏にピッタリの「美白効果のあるハーブ」をまとめてご紹介していきます。
化粧品やサプリによる美白も良いですが、ぜひハーブの力で身体の内側から美白対策をはじめましょう!

 

 

スポンサーリンク

美白効果があるハーブ

では、早速美白効果が期待できるハーブをご紹介していきますね。
ハーブごとの使い方なども一緒にご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください♪

 

 

ヒース

美白効果のあるハーブといえば、このヒースが最もポピュラーといえるでしょう。
「エリカ」とも呼ばれています。
美白効果が高い天然のアルブチン成分を豊富に含んでいるため、シミやシワなどエイジングサインの原因の一つであるメラニンの生成を抑制する効果があります。
ハーブティーとして飲むはもちろん、濃い目に煮出したハーブティーにグリセリンを混ぜて化粧水に使うのも効果的。
また、ヒースは殺菌作用、利尿作用があるので、膀胱炎や尿道炎などの泌尿器系の症状にも効果が期待できます。
>>ヒースの詳細を見る

 

 

ローズヒップ

美肌目的でハーブティーを飲もうかな、と思っている人なら一度は飲んだことがあるのではないでしょうか?
ローズヒップの効果・効能を丸ごと食べよう」の記事でもご紹介しましたが、ローズヒップにはビタミンCが豊富に含まれているんです。
熱に弱く壊れてしまいやすいビタミンCですが、ローズヒップに含まれるビタミンPやリコピンが熱から守り、体内への吸収を促進してくれるため、ビタミンCをスムーズに摂取することができます。
そのため、メラニンの生成を抑制し、シミを予防してくれるのです。
>>ローズヒップの詳細を見る

 

 

ルイボス

南アフリカ原産のルイボスは、古くから「不老長寿のお茶」として親しまれてきたハーブの一つで、抗酸化作用が非常に高いのが特徴です。
私たちの体で毎日生じる活性酸素は、老い、病気など様々な悪影響をもたらしますが、ルイボスが持つ抗酸化作用がこの活性酸素を抑える働きがあるのです。
そのため、シミやシワを解消してくれる効果も期待できます。
出来てしまったシミを薄くしてくれるというのは、非常に嬉しい美白効果ですよね!
ルイボスは、しっかりと煮出すことで成分が出るため、ルイボスティーを作る場合は10分~15分程度煮出すようにしましょう。
>>ルイボスの詳細を見る

 

 

カモミール

その高い美容効果から、化粧品などにも配合されることが多いカモミールは、美白効果にも優れています。
カモミールに含まれるエキスは、メラニンの生成に深く関係しているエンドセリンの情報伝達を抑制する働きがあります。
つまり簡単にいうと、シミの生成を抑制してくれる、というわけなんですね。
実はこのカモミールエキスは美白成分として医薬部外品として認められているほど。
ハーブティーとして楽しむのはもちろん、化粧水やローションパックなど、スキンケアとしての使用もおすすめです。
>>カモミールの詳細を見る

 

 

美白にお勧めのブレンドハーブティー

美白効果の高いハーブをブレンドしたブレンドハーブもお勧めです。

 

しっとり透き通るハーブティー
天然のアルプチン豊富なヒースと、ビタミンが豊富に含まれるローズヒップ。レモングラスやアップルピースなどで甘くトロピカルな味に仕上がっているブレンドハーブティーです。

 

さいごに

いかがですか?
美白効果のあるハーブは、ハーブティーだけでなく、化粧水として使ってみるのもおすすめです。精製水やグリセリンなど、お好みの材料で作ってみてはいかがでしょうか?

※肌に触れるものは必ずパッチテストを行うようにしましょう。




スポンサーリンク

PAGE TOP