ハーブの活用法やハーブの効果効能を紹介


ハーブティー初心者におすすめの基本のハーブティー



西洋民間療法として知られてきたハーブですが、近年では科学的な検証も進んできました。そうした機能性からハーブティーを生活に取り入れたいという方が増えているようです。ただ、ハーブといっても数は非常に豊富です。専門店でブレンドを頼むのも良いですが、まずは基本のハーブティー6種類を確保してそれぞれを組み合わせたり、他の飲み物などと合わせて楽しんでみましょう。

スポンサーリンク

自宅に常備しておきたい基本ハーブティー6種類

以下は機能性の他、味でも人気のハーブティーです。機能性があり、単独でも楽しめるほか、料理などのアレンジレシピも豊富です。まずは初心者向けハーブティーとしてこの6種類を抑えておきましょう。

ネトル

味わいは緑茶、ヨモギのようなやさしい味で癖がありません。アレルギー対策などに広く用いられており、花粉の時期などは特にお勧めです。>>ネトルの特徴

 

カモミール・ジャーマン

ご存じの方も多いハーブかと思います。眠れない時に特にお勧めです。アレンジレシピとしてホットミルクで煮出す方法などもあります。ストレスや胸やけ、胃の痛みなどにもお勧め。>>カモミール・ジャーマンの特徴

 

ハイビスカス

クエン酸が豊富で、特に疲れた時の疲労回復にお勧めです。スイーツ作りなどの材料にも>>ハイビスカス特徴

 

レモングラス

胃腸の調子を整える作用があります。レモンのような香りで飲みやすいハーブティーです。飲んだ茶がらは乾燥させて、お風呂に入れて入浴剤代わりにもなります。>>レモングラスの特徴

 

ペパーミント

好き嫌いはあるかと思いますが、清涼感のある味わいです。夏場などはアイスにして飲むのも良いですね。中枢神経を刺激して脳の働きをサポートするともいわれます。お休み前よりもリフレッシュしたい時などにお勧めです。>>ペパーミントの特徴

 

エキナセア

風邪予防などにお勧めのハーブです。風邪の引き始めやちょっと体調が悪いな、と感じた時にもおすすめ。やや香に癖がありますが、味は飲みやすいハーブティーです。長期間連続して服用するのは控えてください。>>エキナセアの特徴

 

 

 1日に2杯~3杯程度を生活に取り入れてみませんか?

ハーブティーは1日に2杯~3杯程度を取るのがお勧めです。上の基本のハーブティーはハーブティー専門店などでシングル(単品)でも手に入れやすいものです。あらかじめブレンドされたブレンドティーも良いですが、これからハーブティーを勉強したいという初心者の方は基本のハーブティーを抑えておくとよいかと思います。
なお、ここで紹介したハーブティーは「Desing with Tea Salon(公式オンラインショップ)」でも購入できます。
ネトル
カモミール・ジャーマン
ハイビスカス
レモングラス
ペパーミント
エキナセア

 

 




スポンサーリンク

PAGE TOP