ハーブの活用法やハーブの効果効能を紹介


おもてなしにオススメのハーブティー



color_tea4突然の来客や大切なお客様をお迎えする際に出す、飲み物で悩むときってありますよね。
コーヒーや紅茶、緑茶も良いですが、ノンカフェインで健康や美容に嬉しいハーブティーでのお出迎えはいかがでしょうか?
今回はおもてなしにおすすめのハーブをご紹介していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

おもてなしにオススメのハーブティー

ハーブティーの魅力は、やはりハーブが持つ健康や美容に嬉しい効果があるということ、ノンカフェインであるということ、そしてカラフルなカラーを楽しめるということだと思います。
効果や目的に応じたハーブティーのブレンドもありますが、今回は色がとっても綺麗に出るシングルハーブをご紹介したいと思います。

 

 

マローブラック / マローブルー

color_tea1マローブラック・マローブルーは、あおい科の花。
香りはシソのような香りがしますが、ハーブティーにすると味はほとんどないハーブです。
アントシアニジンやタンニンが含まれており、花にお湯を注ぐと、マローブラックはネイビーがかった深い青、マローブルーは薄いブルーへとみるみる変化します。
またレモン汁を加えると綺麗なピンク色へと変化するのも特徴で、カクテルなどでも使用されるハーブです。

 

マローブラックまたはマローブルーにお湯をそそぎ、ハーブティーにしたものを冷まして冷蔵庫に入れておくとマローウォーターの出来上がりです。
お客様に出してレモン汁またはスライスしたレモンを入れて、色の変化を楽しむのがおすすめです。
また、カルピスにマローウォーターを注ぐとピンク色のカルピスになるので、こちらもお勧め♪

>>マローブラック / マローブルーの効果・効能はこちら

 

 

マリーゴールド (カレンデュラ)

color_tea3マリーゴールドの花を使ったハーブティーです。
お湯を注ぐと美しい黄金色になるマリーゴールドのハーブティーは、胃炎や胃潰瘍など、胃の炎症による症状を抑えたり、リンパの流れを促進する効果もあるので、エステの前や運動後に出すと良いですね。
マリーゴールドのハーブティーを濃いめに作って冷ましたものを化粧水として使用することもできるんですよ。
女性に喜ばれるおもてなしハーブティーになるのではないでしょうか?

 

ただしマリーゴールドはキク科の植物のため、キク科アレルギーのゲストの方にはお出しすることはできませんのでご注意ください。
妊娠中の方にもNGのハーブとなっております。
>>マリーゴールドの効果・効能はこちら

 

 

ハイビスカス

color_tea2南国に生息するハイビスカスのガクの部分を使用したハーブです。
ちなみにこれは、ふだん私たちが見慣れた観賞用のハイビスカスではなく「ローゼル」という食用品種になります。
クエン酸が豊富に含まれたハイビスカスティーには、アントシアニン色素が含まれており、酸味が強いのが特徴です。
赤く美しい、鮮やかな色に変化するハーブティーで、このハイビスカスティーの赤色には目の疲れを取ってくれる効果があります。
ホットはもちろんアイスでも楽しむことができるハーブティーです。
クエン酸を豊富に含むため体の疲れをとってくれる効果もあるので、スポーツの後におすすめ。
酸味がきつい場合にはハチミツをプラスすると、また飲みやすい味になります。
>>ハイビスカスの効果・効能はこちら

 

 

さいごに

いかがでしたか?
ハーブティーは一般的に薄い黄色やグリーンになるものが多いのですが、これらのように鮮やかな色を出すハーブティーはおもてなしにとってもおすすめです。
今回ご紹介したものはホットでもアイスでも楽しむことができるため、ハーブティーにしたものを氷にしても鮮やかなドリンクを作るなど、色々とアレンジすることもできます。
ぜひ、一度試してみてくださいね。

 

 

 




スポンサーリンク

PAGE TOP