ハーブの活用法やハーブの効果効能を紹介


ハーブティーとカフェインの関係



defaceいわゆる「ハーブティー」には様々な種類があります。ごく一部を除き、ノンカフェインの飲料となっています。そのため、カフェインを摂取できない、あるいは摂取したくないという方にとってハーブティーがコーヒーや緑茶、紅茶の代わりになることも多いようです。

 

スポンサーリンク

カフェインはコーヒーだけに含まれるわけじゃない

カフェインというと「コーヒー」というイメージを持たれる方が大多数かとは思いますが、「緑茶」「ほうじ茶」「紅茶」「マテ茶」といった茶系飲料にはほとんど含まれている成分です。

 

カフェインというと、悪いものというイメージを持たれる方も多いかもしれませんが胃の消化を助けるさよう、集中力アップ、疲労回復効果、ダイエット効果などプラスの作用も大きいです。
適量さえ守れば問題のある成分ではありません。(参考:コーヒーの健康・美容効果

 

妊婦さんや小さな子供はカフェインの悪い影響の方を受けやすいと言われています。そのため、妊婦さんなどはカフェインについて可能な限り摂取しないという方針の方も多いようです。

そういう方にとってハーブティーを始めとしたノンカフェイン飲料はきっと助けになってくれることかと思います。また、ハーブティー以外でよく知られているお茶でカフェインが含まれていないお茶に「麦茶」が挙げられます。他にも最近注目されることが多い「ルイボスティー」などにもカフェインは含まれていません。

 

ハーブティーは妊婦さんにとってOK?

一つ知っておきたいのは、ハーブティーの中には妊娠中の方にとって禁忌となるものも多いということです。また、妊娠の時期によってOKだったりNGだったりすることもありますのでご注意ください。詳しくは「妊娠中は要注意、禁忌のハーブティー」をご覧ください。

カフェインレスで妊婦さんや授乳中の方でも安心して飲めるハーブティーとしては「タンポポ(タンデライオン)」や「ルイボスティー」がお勧めです。

 




スポンサーリンク

PAGE TOP