ハーブの活用法やハーブの効果効能を紹介


妊娠中は要注意!妊婦が禁忌のハーブティー



kinki「ハーブティー=ノンカフェイン」ということで、妊娠中の飲み物としてハーブティーは近年注目を集めています。
ハーブには様々な効能があり、妊娠中にもお勧めのハーブは多数ありますが、その一方で摂取を控えた方が良い、妊娠中は使用するべきでない(禁忌)というハーブもたくさんあります。
ここでは、妊娠中は控えるべき、禁忌とされるハーブティーをまとめてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

妊娠中、妊婦さんとハーブティー

ハーブは、古くから病気を治したり、改善することを目的として用いられてきた歴史をもちます。
そのことから分かるように、ハーブには様々な効能がある植物ですが、効能があるということは体に作用を引き起こすという事にもなります。
たとえば、子宮を収縮させる作用があるハーブは、出産時期や産後の回復には欠かせないハーブですが、妊娠初期には早期流産を引き起こすリスクがあります。
このように、ハーブの効能は状況によってプラスにもマイナスにもなるということなんです。
正しい知識を持って、ハーブティーを生活に取り入れて楽しいマタニティライフを過ごしてください。

 

ハーブ先進国であるヨーロッパではハーブに対する研究も進んでおり、色々な調査結果が出ています。
こうした調査機関等で妊娠中は控えるべきであるというハーブをまとめます。
ただし、こうしたハーブに対する研究については画一的な見解が出ていないものもあります。
ここでは妊娠中、妊婦さんにとって控えるべきとされているハーブの中でも、ハーブティーとして用いられやすい代表的なものをピックアップしています。

 

・アンジェリカ(控えましょう)
・クローブ(控えましょう)
・セージ(禁忌)
・セントジョーズワート(禁忌)
・タイム(多量の使用は禁忌)
・チェストツリー(禁忌)
・パッションフラワー(多量の使用は禁忌)
・フェヌグリーク(禁忌)
・ボリジ(禁忌)
・ラズベリーリーフ(妊娠初期は禁忌、妊娠後期~授乳中は推奨)
・レモングラス(多量の使用は禁忌)
・レディスマントル(禁忌)
・ローズマリー(多量の使用は禁忌)
・ラベンダー (控えましょう)
・カモミール (禁忌)
・サフラワー (禁忌)
・フェンネル (避けましょう)

 

「控えましょう」というハーブは、妊娠中はなるべくやめた方が良いと言われているハーブです。
少量であればさほど問題ありませんが、日常的に飲むのは控えた方がよいでしょう。

「禁忌」としているものは妊娠中は控えましょう。

 

禁忌のハーブは辞めておくべきですが、それ以外の多量の使用がダメというタイプのハーブは、食事やお茶などで少量摂取することに対して神経質になる必要はありません。
たとえば、レモングラスのハーブティーを毎日飲み続けるのはあまり推奨できるものではありませんが、レモングラスがブレンドされたハーブティーを1回のんだからダメということではありません。

 

市販されているハーブティーに関しては複数のハーブがブレンドしてあるものも多いです。
気になる方はハーブティー専門店などでスタッフの方などに妊娠中でも大丈夫かどうかを確認するようにしてください。
多くのハーブティー専門店では、妊婦さん専用のブレンドなども作っているはずなので、そのようなマタニティブレンドが無いかどうか確認してみると良いでしょう。

 

 

妊娠中、妊婦にオススメのハーブティー

ハーブはノンカフェインとはいえ、妊娠中は飲むべきではないハーブが意外と多いということがお分かりいただけたかと思います。
安心してティータイムを楽しむためにも、妊娠中に飲んでも良いというハーブで作られているブレンド(マタニティ向けのブレンド)を飲むようにしましょう。

 

妊娠初期~:ママのおなかで赤ちゃんすくすくブレンド

妊娠初期~最後まで安心して飲めるハーブティーです。
穏やかな作用のハーブが中心で妊娠中のイライラなどを改善。妊娠中に不足しがちなビタミンやミネラルなど栄養補給のサポートにもなります。
フルーティーなアップルピースの香りが漂う、アップルティーのような優しい味わいです。
リラックスしたいときや、肌荒れが気になる時などにおすすめ。

>>ママのおなかで赤ちゃんすくすくブレンド 商品ページはこちら

 

 

妊娠後期~:ママサポブレンド(旧:安産ブレンド)

妊娠8カ月目以降から出産までの間に飲むためのハーブがブレンドされています。
安産のハーブと言われている「ラズベリーリーフ」をはじめ、むくみに効果的なダンデリオンや、お肌の調子を整えるローズヒップなども入っています。
お産を楽にしてくれて、さらに出産後の子宮が元に戻ろうとする働きをサポートしてくれる効果のあるブレンドです。

>>安産ブレンド 商品ページはこちら

 

 

妊娠中は、飲めるものが限られており、ハーブティーもノンカフェインだからと言って全てのハーブが大丈夫、というわけではありません。
ぜひ「飲めないハーブもある」ということを念頭に置いて、お好みのハーブを見つけてみてください。

 

 




スポンサーリンク

PAGE TOP