ハーブの活用法やハーブの効果効能を紹介


妊娠中は要注意!妊婦が禁忌のハーブティー



kinki妊娠中の飲み物としてハーブティーは近年注目を集めています。その一方でハーブティーと一口に行っても様々なハーブがあります。ハーブには様々な機能性があり、妊娠中にもお勧めのハーブは多数あります。その一方で摂取を控えた方が良い、妊娠中は使用するべきでない(禁忌)というハーブもたくさんあります。ここでは、妊娠中は控えるべき、禁忌とされるハーブティーを紹介、まとめていきます。

 

スポンサーリンク

妊娠中、妊婦さんとハーブティー

ハーブにはそれぞれ様々な機能性があります。機能性があるということは体に作用を引き起こすわけです。たとえば、子宮を収縮させる作用があるハーブは、出産時期や産後の回復には欠かせないハーブですが、妊娠初期には早期流産を引き起こすリスクがあるというように、機能性は状況によってプラスにもマイナスに もなるのです。正しい知識を持って、ハーブティーを生活に取り入れて楽しいマタニティライフを過ごしてください。

 

ハーブ先進国であるヨーロッパではハーブに対する研究も進んでおり、色々な調査結果が出ています。ここではこうした調査機関等で妊娠中は控えるべきであるというハーブをまとめます。ただし、こうしたハーブに対する研究については画一的な見解が出ていないものもあります。ここでは妊娠中、妊婦さんにとって控えるべきとされているハーブの中でもハーブティーとして用いられやすい代表的なものをピックアップしています。

 

・アンジェリカ(控えましょう)
・クローブ(控えましょう)
・セージ(禁忌)
・セントジョーズワート(禁忌)
・タイム(多量の使用は禁忌)
・チェストツリー(禁忌)
・パッションフラワー(多量の使用は禁忌)
・フェヌグリーク(禁忌)
・ボリジ(禁忌)
・ラズベリーリーフ(妊娠初期は禁忌、妊娠後期~授乳中は推奨)
・レモングラス(多量の使用は禁忌)
・レディスマントル(禁忌)
・ローズマリー(多量の使用は禁忌)

 

こうした形になっています。「禁忌」としているものは妊娠中は控えましょう。多量の使用は禁忌というのは少量であればさほど問題ありませんが、日常的に飲むのは控えた方がよいでしょう。
控えましょうというのは、妊娠中はやめた方が良いと言われているハーブです。

 

禁忌のハーブは辞めておくべきですが、それ以外の多量の使用がダメというタイプのハーブは食事やお茶などで少量摂取することに対して神経質になる必要はありません。
たとえば、レモングラスのハーブティーを毎日飲み続けるのはあまり推奨できるものではありません。ただ、レモングラスがブレンドされたハーブティーを1回のんだからダメということではありません。

 

市販されているハーブティーに関しては複数のハーブがブレンドしてあるものも多いです。気になる方はハーブティー専門店などでスタッフの方などに妊娠中でも大丈夫かどうかを確認するようにしてください。多くのハーブティー専門店では、妊婦さん専用のブレンドなどもつくっているはずなので、そうしたブレンドもおすすめですよ。

 

妊娠中、妊婦にオススメのハーブティー

妊娠中は飲むべきではないハーブが多いので、妊娠中に飲んでも良いというブレンドで作られているハーブティーを飲むようにしましょう。

 

妊娠初期~:ママのおなかで赤ちゃんすくすくブレンド

妊娠初期~最後まで安心して飲めるハーブティーです。穏やかな作用のハーブが中心で妊娠中のイライラなどを改善。妊娠中に不足しがちな栄養素のサポートにもなります。甘酸っぱくフルーティーなアップルピースの香りが漂う、アップルティーのような優しい味わいです。
>>ママのおなかで赤ちゃんすくすくブレンド 商品ページはこちら

 

妊娠後期~:安産ブレンド

妊娠8カ月目以降から出産までの間に飲むためのハーブをブレンドしています。安産のハーブと言われている「ラズベリーリーフ」がブレンドされています。お産を楽にしてくれて、さらに出産後の子宮が元に戻ろうとする働きをサポートしてくれるハーブがブレンドされています。
>>安産ブレンド 商品ページはこちら

 

それぞれのタイミングに合わせてお勧めのハーブをブレンドしており、安心してハーブティーを飲めるように、マタニティライフを楽しんでいただけるようにサポートしてまいります。
これ以外にも色々なハーブティーもありますが、薬などを飲んでいる方は、薬との組み合わせもありますのでお医者さんに御相談くださいね。




スポンサーリンク

PAGE TOP