ハーブの活用法やハーブの効果効能を紹介


妊婦さんや授乳中にもお勧めの「たんぽぽコーヒー」



dandelionたんぽぽコーヒーという飲み物を聞いたことがあるでしょうか?名前の通り「たんぽぽ」を使った飲み物で、コーヒーのような風味があることからたんぽぽコーヒーと呼ばれています。カフェインが含まれていないことから、カフェイン摂取を控えるべきとされる妊婦さんなどに推奨される飲み物の一つです。

スポンサーリンク

たんぽぽ=ダンデライオンはハーブの一種?

たんぽぽ(蒲公英)は道端にもよく咲いている花の一つです。そのタンポポの根はヨーロッパで「ダンデライオン」と呼ばれハーブの一つとして昔から愛飲されてきたという経緯があります。

今回取り上げる「たんぽぽコーヒー」というのはこのダンデライオンを焙煎することでコーヒーの様な風味を出したものです。

 

妊婦さん(妊娠中)や授乳中にたんぽぽコーヒーがお勧めの理由

まず一つは「ノンカフェイン」であるということです。
妊娠中のカフェイン摂取については胎児に対して悪影響を与える可能性があると指摘されています。一般的に「コーヒー」という飲み物にはカフェインが多く含まれているので控えるべきとされています。

そうした意味でコーヒーの代替飲料としてたんぽぽコーヒーが注目されています。ただ、近年では「ノンカフェインコーヒー(デカフェコーヒー)」と呼ばれるタイプのコーヒーも登場しており、コーヒー代替飲料としてなら、そうしたデカフェコーヒーを飲むという方も多いようです。

 

便秘の解消

妊娠中はどうしても便秘症になりやすいと言われています。そのため、食物繊維などの摂取が推奨されるのですが、タンポポコーヒーには便秘を解消する穏やかな作用があると言われています。

 

むくみの改善

利尿作業がありますので、むくみの改善が期待できます。

 

冷えの改善

東洋医学の考え方によると「土の中の植物」は体を温めてくれます。たんぽぽコーヒーは「根」の部分なので土の中の植物となります。冷えは万病の元と言われるように様々な問題を引き起こすとされます。
ちなみに、妊娠中はもちろんですが、妊娠したい女性にとっても冷えは大敵です。

 

母乳の出を良くする

たんぽぽの根は代謝をサポートする働きがあるとされており、母乳の質や量の改善にも効果的と言われています。実証的なデータは出ていませんが、民間療法の一つとして母乳にはタンポポと言われています。




スポンサーリンク

PAGE TOP