ハーブの活用法やハーブの効果効能を紹介


悪阻(つわり)対策にはペパーミント(ミントティー)がおすすめ



mint妊娠時の悪阻(つわり)って辛いものですよね。悪阻は病気ではない、などと言われるものの放置しておいてよいものではありません。悪阻自体を完全に消すことはできないものの、軽く食事をするくらいはできるように程度を軽くする必要があります。そんな悪阻対策として効果的なのが「ペパーミント」です。メントールの清涼感は気分のリフレッシュだけでなく、悪阻の諸症状の緩和にも最適です。

スポンサーリンク

清涼感のあるミントティーでつわりの症状を改善

ミントティーはつわりの諸症状に対して効果的であると言われています。
その一つが主成分のメントールです。ミントティーとして飲むことで蒸気を通じてのアロマテラピー効果と飲用を通じて胃腸に爽やかさを与えてくれます。
また、消化促進などの働きもあるので食欲が出づらい悪阻がある時期には適しています。

また、ハーブティーを通じて一日の中でホッとすることができるひと時を過ごすというものも精神衛生上も良いことです。
ちなみに、ミントについては他にもスペアミントなどがありますが、つわり対策と考えた場合にはメントールの強いペパーミントがお勧めです。
参考:ペパーミントとスペアミントの違いと利用法

 

ミントは妊娠中もOKなの?

なお、ペパーミントはオイルとして使う(アロマテラピーとして使用)は禁忌とされますが、ハーブティーとして飲むのであれば飲みすぎなければOKとされています。ただし、飲み過ぎはよくありませんので、ティーカップ1杯あたり2g程度を使用するとするなら1日に2杯までにとどめておくようにしましょう。

お茶として飲む場合、ペパーミントは自宅等で栽培も容易ですので、フレッシュハーブを育てて、それを飲んでもいいです。私も自宅のベランダではペパーミントを育てています。参考:お茶から入浴剤、カクテルまで幅広く使えるミントをベランダで育てよう

もちろん、面倒な方はハーブティー用のミント(ペパーミント)を購入してそれでもんでも良いですよ。

 

マタニティとハーブティー

ハーブティー専門店Design with Tea Salonでは、妊婦さんのマタニティライフをよりよいものにするため、タイミングに合わせたマタニティハーブも取り扱っております。たとえば妊娠初期の「ママのお腹で赤ちゃんすくすくブレンド」、妊娠後期の出産のための体作りをサポートする「安産ブレンド」などがあります。

妊娠時はカフェインが含まれておらず、健康や赤ちゃんにもよいハーブを生活に取り入れたいという方も多いです。その一方で「妊娠中は禁忌のハーブ」というものも少なくはありません。上手に選び、マタニティライフを楽しいものにしていただけると幸いです。




スポンサーリンク

PAGE TOP