ハーブの活用法やハーブの効果効能を紹介


アーティチョークの効能・活用方法



アーティチョークはキク科チョウセンアザミ属の多年草で、若いつぼみを食用とします。ハーブというよりも食材として知られている方の方が多いかもしれません。

古くから野菜として、また薬として栽培されてきました。アーティチョークの葉にはシナリンという成分が肝臓の解毒作用を持つため、二日酔いを防ぐ効果があるといわれています。

また、血中のコレステロールを下げる、脂肪の分解を促進する効果も。
ダイエット中の方やお酒が好きだと言う方にオススメのハーブです。また、アーティチョーク葉エキスに含まれるシナロピクリンに美肌、美白効果があることで近年注目を集めています。

効果・効能

肝臓の解毒、血中コレステロール値の低下、ダイエット、糖尿病改善、便秘、貧血

 

用途

つぼみ部分を食用として利用されます。
また、ハーブティーとしても利用されます。ただし、苦みが強いのでアーティチョーク単体を飲むのはちょっときついかもしれません。他のハーブなどとブレンドして飲むと飲みやすくなるでしょう。

 

香りと味

さわやかな草の香りで、苦味があるのが特徴です。後味はややすっきりしています。

 

アーティチョークに関連するHerb Magazineの記事一覧




    スポンサーリンク

    PAGE TOP