ハーブの活用法やハーブの効果効能を紹介


バジル(スイートバジル)の効能・活用方法 ・育て方



イタリア料理に欠かせないハーブがバジル。バジルといっても色々な種類がありますが、料理に使われるのはスイートバジルという品種です。鮮やかな緑の葉とスパイシーな香りが特徴的です。トマトやニンニクとの相性が抜群でパスタやピザなどに活躍するキッチンハーブ。育てるのも簡単です。

用途・効能

料理用としての利用が一般的です。フレッシュ、ドライの葉を様々な料理に使いましょう。ハーブティーとして飲めば消化促進や不眠症の改善などの効果が期待されます。

フレッシュなバジルは香りが強め。一方で乾燥させたバジルは香りは飛んでしまいますが味は強くなりますのでパンなどに混ぜる時は乾燥させたバジルの方が適します。

ジェノベーゼ、カプレーゼ、ブルスケッタ、ピザなど色々な料理に使えるハーブで、苗からであれば簡単に育てられるので、家庭菜園にもオススメなハーブです。

 

香りと味

独特のスパイシーな香りと味。爽やかな中に野草味が感じられる。

 

育て方・収穫の仕方

ベランダのコンテナやプランターでの手軽に育てられます。

春先になると苗が花屋さんや園芸店などに並びます。種から育てるのも難しくはありません。日当たりのよい場所を好みます。寒さには弱く、日本の風土では越冬は難しいです(屋内で育てれば越冬できることも)。

摘芯をして茎葉の先を取ると収穫量が増えます。
収穫をするときも摘芯を兼ねて撮るようにするとわき芽がどんどん出てきて分枝します。

夏になると白くて可愛い花が咲きますが、花が咲くと葉がかたくなるのでバジルの葉を調理用に利用するのであれば花穂はこまめに摘み取るようにしましょう。

 

スイートバジルに関連するHerb Magazineの記事一覧




スポンサーリンク

PAGE TOP