ハーブの活用法やハーブの効果効能を紹介


ハーブティーの美味しい入れ方(淹れ方)



oishiiノンカフェインでいつでも美味しく飲めるハーブティーですが、入れ方によって随分味が変わる飲み物でもあります。しっかりハーブの味が出たハーブティーはとっても美味しく、リラックスタイムのお供にぴったり。
また、美味しく入れることができると「また飲みたい」と思えます。
ハーブは毎日継続して取り入れることで効果を実感できるので、ハーブティーを美味しく入れることができるかどうか、というのはハーブを続けていくうえでとっても重要なポイントなんです。
今回はハーブティーの美味しい入れ方をご紹介していきます。

スポンサーリンク

フレッシュハーブを使ってお茶を淹れる場合

yoseue「お庭で育てているハーブを使ってハーブティーを♪」
庭もない、ベランダの日当たりも悪い、そんな家に住んでいる私には憧れのフレーズです。
自宅で育てるのであれば、ミントローズマリーゼラニウムジャーマンカモミールレモンバームなどがおすすめ。
お料理にも使えるバジルやタイムなんかも良いですね。

もちろん、マンションのちいさなベランダでもハーブは育てられます。ミントなどは多少日当たりが悪いくらいでも問題なく育ちます。

ハーブを庭で育てている、という方はぜひフレッシュハーブティーを楽しみましょう。
ちなみに、「フレッシュハーブ」は生のハーブのことを指し、乾燥させたハーブを「ドライハーブ」といいます。

 

フレッシュハーブティーの美味しい入れ方

では早速、フレッシュハーブを使ったハーブティーの美味しい入れ方をご紹介していきます。
下準備として、あらかじめティーポットとティーカップをお湯で温めておきましょう。

1:フレッシュハーブティーをティーポットに入れる
フレッシュハーブをハサミでカットしてティーポットへ入れます。ティーカップ1つあたりにつき、指で2つまみ程度入れましょう。
ポットへ入れる前にハーブを掌に乗せ、パンっと軽く叩いておくと香りが出やすくなります。

 

2:ポットへ熱湯を注ぐ
沸騰したお湯をポットへ注ぎます。

 

3:蒸らす
ポットへお湯を入れたら5分以上蒸らしましょう。
この際、ハーブの揮発性油分や香りを逃さないためにも蓋は閉めること。

 

以上です。
フレッシュならではの、香り高いハーブティーが楽しめます。

 

ドライハーブ(乾燥茶葉)を使ったハーブティーの場合

maroblackドライハーブとは、先ほどもご説明したとおり「乾燥させたハーブ」の総称です。一般的にハーブティーという場合はこちらの乾燥茶葉のことを指す場合がほとんどかと思います。

色々な種類のハーブをちょこちょこ楽しむこともでき、またストックも可能なのでいつでも気軽に飲めて便利♪しっかりと味が出やすいので、私はどちらかというとドライハーブのハーブティーの方がお気に入りです。
(写真はマローブラック)

ハーブティーはシングル(ハーブ単体)と、ブレンド(色々なハーブを混ぜる)という飲み方があります。
自分が気に入ったハーブをシングルで飲んだり、自分が必要な効果・効能を持っているハーブをブレンドして飲んだりといろいろアレンジしてみてくださいね。

ドライハーブティーの美味しい入れ方

ドライハーブを使ったハーブティーの美味しい入れ方をご紹介していきます。
下準備として、あらかじめティーポットとティーカップをお湯で温めておきましょう。

1:ドライハーブをポットへ入れる
ドライハーブをポットへ入れます。ティーカップ1つにつき、ティースプーン山盛り1杯が目安です。
スプーン1杯の重量が軽いハーブ(マリーゴールドなど)は量を少し多めにいれます。
また、ジュニパーベリーのように実や、殻が付いているものはスプーンの背で押しつぶしてからポットへ入れましょう。

 

2:ポットへ熱湯を注ぐ
沸騰したお湯をポットへ注ぎます。

 

3:蒸らす
ポットへお湯を入れたら5分以上蒸らしましょう。
この際、ハーブの揮発性油分や香りを逃さないためにも蓋は閉めること。
実や根など堅いものは蒸らす時間を長くしてください。

 

以上です。
ドライハーブのハーブティーは、いつでも気軽に美味しいハーブティーが飲めるのが特徴です。

 

ハーブティーのトッピング

ハーブティーはそのままストレートに飲むこともできますが、お砂糖やハチミツなどを加えても美味しいです。
カロリーが気になるという方は「ステビア」というハーブをブレンドすると甘く仕上がります(天然甘味料)。

 

いかがでしたか?
同じハーブを使っても、フレッシュハーブティー、ドライハーブティーそれぞれ違った味を楽しむことができます。

ハーブティーはなじみがないという方も多いかもしれません。でも、淹れるのは簡単ですし、最近ではハーブティーの茶葉を販売するショップなども増えてきています。Design with Tea Salon(公式オンラインショップ)ではネットショップも運営しているので、ネットでもシングルハーブ、ブレンドハーブを購入できます。
ぜひ、お気に入りのハーブを見つけて、美味しいハーブティーを入れてみてくださいね。




スポンサーリンク

PAGE TOP