ハーブの活用法やハーブの効果効能を紹介


目覚めのハーブにおすすめ♪ローズマリーで集中力アップ



家庭菜園でも多く栽培されているローズマリー。
フレッシュハーブも、ドライハーブも、どちらもお料理やハーブティーなど幅広く活用できるハーブとして人気です。
そんなローズマリー、万能なハーブですが目覚めのハーブとしてとてもおすすめ。
今回は朝に飲みたいローズマリーの効能についてご紹介していきます!

 

 

スポンサーリンク

 

ローズマリーとは?

若返りのハーブ」として知られるローズマリー。

美肌を目指す女性なら知っておいて欲しい「ハンガリーウォーター」は、ローズマリーのパワーの象徴でもあります。

ハンガリーウォーターとは

中世ヨーロッパ時代、ハンガリーの王妃がローズマリーをアルコールに浸けて蒸留したものを献上された。

それを気に入った王妃は、スキンケアや入浴剤、または飲み物に混ぜて使っていたところ、みるみる若々しさを取り戻し、72歳にして20歳代のポーランド王子を虜にし、求婚された。

そんなハンガリー王妃が愛用したことから、上記のエキスをハンガリーウォーターと呼ばれるようになった。

 

そんな美容にも嬉しい効果をもつローズマリーですが、それだけではありません。

 

>>ローズマリーを詳しく見る

 

抗菌作用や抗ウイルス作用もあるハーブで、風邪やインフルエンザなど、感染症のシーズンにおすすめ。
また、サシェにして(緑茶パックにローズマリーを入れるだけでも可)靴箱やクローゼットに入れておくことで、防虫効果も期待できます。

 

同じく、抗菌効果の高く華やかな香りのラベンダーと合わせて入れるのも良いですね。

 

 

また、ハーブティーにして飲むことで、血行を促進する効果があり、低血圧の改善に役立ちます。

 

朝起きるのがつらい…という低血圧の方にはぴったり。
※高血圧の方はNG

 

 

さらにローズマリーには記憶力や集中力を高める効果があるので、朝ぼんやりした頭をシャキっ!とさせるのにおすすめ。

資格取得や受験に向けて勉強される方、お仕事中リフレッシュして集中力を高めたい方に必須のハーブとも言えます。

 

 

 

朝、ローズマリーと合わせて飲みたいハーブ

 

 

これらのハーブと組み合わせて飲むことで、よりリフレッシュ効果がアップ。

また、まだ眠くてぼんやりした頭のスイッチを入れてくれるはずです。

 

 

 

ぜひお試しくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 




スポンサーリンク

PAGE TOP