ハーブの活用法やハーブの効果効能を紹介


バタフライピーの効能・活用方法



バタフライピーはタイやベトナムなど、アジアを原産とした、マメ科のハーブです。
バタフライピーという名前は、鮮やかな青い花が咲いた姿が蝶々に似ていることから「バタフライ(蝶)」と、英語で豆(まめ)を意味する「peas(ピー)」に由来します。

 

バタフライピーの特徴は、そのハーブティーの色にあります。
お湯を注ぐと、鮮やかなブルーに染まり、そこにレモン果汁を滴下すると紫色へと変わります。
これはバタフライピーのアントシアニンが酸に反応することで生じます。

 

バタフライピーは、抗酸化ポリフェノールの一種であるアントシアニンを豊富に含んでいることから、美容と健康に良いハーブとして知られています。
多くの人に飲まれているタイでは、バタフライピーのハーブティーは「アンチャン」と呼ばれ、美容に気を使う女性たちから支持されています。

 

美容効果の他にも、疲れ目の改善、脂肪燃焼、血行促進、生活習慣病の予防、薄毛予防、白髪予防に効果があるとされています。
そのため、タイではバタフライピーが配合されたシャンプーやトリートメントも一般的です。

バタフライピーには、子宮を収縮させる作用や、血液に働きかける作用があるとされているため、生理中や妊娠中の方は飲用を避ける必要があります。

 

 

用途

ハーブティー、トリートメントとして

 

 

香りと味

香りはほぼ無し。味わいは、やや豆の風味。

 

 

注意点・禁忌

生理中、妊娠中は飲用を避けましょう。

 

 

バタフライピーの購入・通販

Design with Tea Salonでは、バタフライピーのシングルハーブを量り売り販売しております。
詳しくは「バタフライピー購入ページ」をご覧ください。

 

 

バタフライピーに関連するHerb Magazineの記事一覧




スポンサーリンク

PAGE TOP