ハーブの活用法やハーブの効果効能を紹介


妊娠した時に飲めるハーブティーは?おすすめは?



妊娠したとき、食べ物や飲みもの、色々なことが気になってきますよね。

毎日飲むお茶も、ノンカフェインが良いとはわかっているけど、どれが良くて、おすすめは何なのか、不安になる方もいるのではないでしょうか?

今回は、そんな妊娠中の方におすすめのハーブティーをご紹介します。

ぜひマタニティライフの参考にしてみてくださいね♪

 

 

スポンサーリンク

 

 

妊娠中のお茶で気を付けたいこと

 

妊娠中はカフェインを避けた方が良い、ということは皆さんご存知かと思います。

大好きなコーヒーや紅茶を我慢したり、緑茶をやめて麦茶にしたり、という方も多いのではないでしょうか?

 

そして、同時にノンカフェインといえばハーブティー!と思いつく方も多いと思います。

ハーブティーは確かに、ノンカフェインで、しかもビタミンやミネラルなど、妊娠中に不足しがちな栄養素も含んでいるので、マタニティライフには欠かせない飲み物です。

 

ですが、『ハーブティーだったら何を飲んでも良い』というわけではないんです!!

 

例えばリラックス効果のあるカモミールティーは、子宮の収縮に働きかけるため妊娠中はNG。

ハーブの王道レモングラスも、出産後には母乳分泌の促進効果や産後うつに効果的ですが、妊娠中はNGのハーブになります。

女性の味方のローズ(薔薇の花びらを乾燥させたハーブ)もNGとされるハーブなんです。

 

実際に調べてみてもらうと分かりますが、妊娠中に飲めるハーブティーというのは、実は結構少なかったりします。

 

でも、妊娠中に同じお茶ばっかりではストレスが溜まってしまいますよね。

そんな方のために、妊娠中におすすめのハーブティーを詳しくご紹介していきます♪

注意点などもありますので、ぜひしっかりとチェックしてみてみくださいね。

 

 

 

妊娠中におすすめ♪ハーブティーと注意点

では、さっそく妊娠中におすすめのハーブティーをご紹介していきます。

注意点やおすすめの時期などもご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

妊娠中のハーブティーといえば

毎日のお茶としてオススメのハーブティーといえば、やっぱりルイボスティーです。

鉄分や亜鉛、カルシウムなどのミネラルがたっぷり含まれていて、美容効果、ダイエット効果も期待できるハーブです。

また、他のハーブをブレンドするためのベースとしても使いやすい、飲みやすい味も嬉しいポイント。

利尿作用もあるため、妊娠中のむくみにも効果的ですよ。

 

>>ルイボスの効能・活用方法をチェックする

 

 

 

 

つわりがヒドい。そんなときには

つわりで気持ちが悪いときには、ペパーミントがおすすめです。

メントールを含むミントティーは、スーッと清涼感があり、つわりでムカムカした胃をすっきりさせてくれます。

ただし、妊娠中、過剰に摂取するのはおすすめできないハーブです。

1日の中で、つわりがきついタイミングで1杯~2杯くらいを目安に飲むと良いでしょう。

 

>>ペパーミントの効能・活用方法をチェックする

 

 

 

妊娠初期の鉄分・葉酸の補給には

妊娠初期に欠かせない葉酸が含まれたネトルがおすすめです。

血液を綺麗にする浄血、さらに血液を造る造血(ぞうけつ)作用もあり、花粉症やアトピー疾患にも良いハーブです。

緑茶に似た味わいですが、飲みにくい場合はルイボスとブレンドすると飲みやすいです。

 

>>ネトルの効能・活用方法をチェックする

 

 

 

妊娠中の肌荒れが気になったら

妊娠中に肌荒れが気になったら、ビタミンが豊富なローズヒップがおすすめ。

血液を綺麗にしてくれるネトルと組み合わせて飲むのも、おすすめです。

また、豊富なビタミンCは風邪予防にもなります。

 

>>ローズヒップの効能・活用方法をチェックする

 

 

 

妊娠中に便秘!!そんなときは

妊娠中に便秘になったときは、食生活と合わせてハーブティーも見直しを。

便秘に効果のあるダンデリオン、またはタンポポコーヒーを取り入れてみてください。

また、緩下作用のあるローズヒップも一緒に飲むのもおすすめです。

 

>>ダンデリオンの効能・活用方法をチェックする

>>タンポポコーヒーの効能・活用方法をチェックする

 

 

 

妊娠後期の方限定。出産の準備をはじめるハーブティー

妊娠後期のお茶といえば、「安産のお茶」として有名なラズベリーリーフです。

※子宮に働きかける作用があるため、妊娠初期~7か月目までは禁忌のハーブです。

私の友人は初産でしたが、ラズベリーリーフを後期に入って毎日飲み続けていたところ、午前中に病院に行って翌朝出産かな~と看護師さんに言われていたのに、3時間で出産したそうです。

また、ラズベリーリーフは出産後の子宮を収縮する効果もあるので、産後の子宮の戻りを良くしてくれる嬉しい効果もあります。

そのため、妊娠8か月目以降から、産後にかけてはしばらく飲み続けると良いですね。

 

>>ラズベリーリーフの効能・活用方法をチェックする

 

 

 

 

妊娠中におすすめのハーブをご紹介しましたが、いかがでしたか?

飲めるお茶が少ないマタニティライフではありますが、その日、その時々の自分にあったお茶を飲んで、美味しくて身体に嬉しいティーライフを楽しみませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




スポンサーリンク

PAGE TOP