ハーブの活用法やハーブの効果効能を紹介


卒乳・断乳を決めたママ、母乳過多・張りが気になるな方におすすめのハーブティー



母乳に関するお悩みとしては最も多いのが「母乳不足や母乳が出ない」ということですが、それとは逆に母乳が出過ぎて困る、という方も少なくはありません。また、二人目や三人目を考えるなどで早めに卒乳を考えているという方もいらっしゃるかもしれません。他にもおっぱいの張りがつらい・・・、というお悩みも良く聞きます。そんな方に母乳の分泌を逆に抑えてしまうハーブを紹介していきます。

スポンサーリンク

※なお、母乳不足でお悩みの方は「授乳中にお勧め。母乳にいいハーブティーのまとめ」の記事をご参照くださいませ。

 

母乳を抑制する「ペパーミント」と「セージ」

ペパーミント、セージは母乳の分泌を抑制する働きがあるハーブとして知られています。そのため、授乳期のママにとってはできるだけ控えたいハーブであるといえます。
ちなみに、カフェインなどは含まれていないので、飲みながらでも授乳はもちろんOKです。

 

ペパーミント
ペパーミントには母乳の分泌を抑える働きがあります。また、ペパーミントで作ったハーブティーを湿布としておっぱいに使うことで張りや熱を予防する働きもあると言われています。ペパーミントティー(ハーブティー)として飲むのはもちろんですが、ペパーミント成分が含まれている飴などでも母乳過多の抑制効果は期待できます。

ハーブティーとして飲みやすいハーブなのでそのままでの美味しく飲むことができます。

 

セージ
母乳分泌を抑制する働きがあるとされています。卒乳時や断乳時に飲むことでおっぱいの張りを抑えることもできます。もちろんですが、授乳中で今後も授乳させたいと言う時には飲まないようにしましょう。
セージだけをお茶にして飲む場合はやや苦みがあります。

セージ茶(ハーブティー)としてだけでなく、スパイスとして食べても同様に母乳の分泌を抑える働きがあります。

 

卒乳や母乳過多を抑制するオススメハーブのブレンド

母乳の分泌を抑えるとされているハーブは上記で紹介したペパーミントとセージです。
ミントはともかく、セージは単体で飲むのはちょっと癖がありますので、卒乳・断乳ブレンドを考えてみました。

 

卒乳・断乳ブレンド(ティーカップ1杯分)
・ペパーミント:0.5g
・セージ:0.5g
・リンデン(またはエルダーフラワー):1g

 

リンデンまたはエルダーフラワーの落ち着いた香りとペパーミントの清涼感を味わえるブレンドです。味わいをより甘くしたい方は「ハチミツ」を一緒に入れて飲むようにするとより飲みやすいと思います。




スポンサーリンク

PAGE TOP